K−POP

韓国ナンバーワン 2AM 日本デビュー

4人組男性ボーカルグループ、2AMが1月11日に「Never let you go〜死んでも離さない〜」で日本デビューを果たした。

すでに日本で活躍中の“野獣アイドル”こと2PMは兄弟分だが、追い求める音楽の方向性は正反対だ。ジヌン(20)、チョグォン(22)、チャンミン(25)、スロン(24)で構成された2AMは歌唱力で勝負する。

今や韓国ナンバー1のボーカルグループへと成長を遂げた4人に聞いた。

続きは、
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/542511/



K−POP

破廉恥?韓国へそ出し禁止のウラ事情

 儒教の国らしい芸能ニュースが波紋を広げている。

今月17日、韓国公正取引委員会は芸能プロダクションによる20歳未満の未成年のタレントに過度な露出を求めること禁止すると発表した。

具体的に言えばK−POPのKARAなどのへそ出し、セクシー挑発ダンスや過激な肌の露出のパフォーマンスを実質的にテレビでは禁止するという内容だ。

続きは

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/515099/


K−POP

KARA、握手会で“カラパラ”披露

韓国の女性5人組、KARAが25日、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールでファンミーティングを開催。29日発売の新曲「GO GO サマー!」を熱唱し、220人と握手した。

 KARAが日本のファンの前で歌唱するのは、昨年12月24日に千葉・幕張メッセから生中継されたテレビ朝日系「ミュージックステーション」(金曜8・0)以来、実に半年ぶり。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/514603/

カワイイよね。

K−POP

K−POP 韓国政府が支援発表

韓国の鄭柄国・文化体育観光相は22日、アジアだけでなく欧州でも人気を呼んでいるK−POP(韓国のポップミュージック)のアーティスト育成などのため「K−POPアカデミー」(仮称)支援事業を推進すると発表した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/513877/


???

こんなのアリ?

K−POP

K-POP分裂騒動でKARAは元サヤ

1月にメンバー3人が所属事務所との専属契約解除の申し出をしたが、分裂の危機を乗り越え、3か月後に円満解決したKARA。韓流作家、ジャーナリストの木越優さんはこう説明する。

「契約の管理や経理がずさんだったり、現場慣れしていないマネジャーがメンバーをケアしなかったりと、事務所の担当者があまりに未熟だったことが主な原因でした。東方神起と違ってKARAが5人に戻れたのは、ある意味、原因が単純だったことと、東方神起の前例を見て騒動のデメリットを学んだからでしょう」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/512837/

また、ヒップダンスが見られるね。

K−POP

お尻の次は「おへそ」?

 お尻ダンスといえば『KARA』。カニ足ダンスで美脚を披露の『少女時代』。日本の音楽シーンは韓流にやられっぱなしだ。そして今年9月、またまた新たな強力ユニットの日本デビューが決定。KARAと同じ事務所の妹分『Rainbow』だ。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/512672/

おじさん、メロメロ!!




Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。