日記

【韓流エンタメ】また、おばさんがさわぐのかな?

【韓流エンタメ】俳優 チャン・グンソク 一皮むけた「韓国のキムタク」


■お坊ちゃんから熱血漢に

 子鹿のキャラクター「バンビ」のように潤いのある大きな瞳が印象的だ。このキラキラ感は、男性アイドルグループ「SMAP」の木村拓哉に通じるものがある。

 日本でも人気があった時代劇ドラマ「黄真伊(ファン・ジニ)」で、主人公の初恋の相手役を演じた。朝鮮王朝の支配階級、両班(ヤンバン)のお坊ちゃん役を好演。少年のあどけなさが残っていた。


ドラマの撮影中はかなりのプレッシャーを感じたようだ。黄真伊役の大女優を前に「チャン・グンソクでは話にならない」という周囲の反応を見て、突然奮起。「今頑張らなければ、僕の将来はない」という気持ちで臨んだおかげで、周囲の心配は称賛に変わった。「このときカタルシスを感じた」という。だから本人いわく「最も愛着のあるドラマ」だ。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/381761/

これで、観光への旅行客がまた増えたりして・・・。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。